2020年7月20日月曜日

Bricscadの手引き書


■ 新発売 ■
すぐわかる2D作図 BricsCAD入門
(日本語) 単行本 ¥2,640

 ついに登場! 機能と操作性は、Autocad  と全く同じと言ってもいいくらいのCADです。 価格は、1/5 と格安ですが機能と操作性が勝っているように感じます。 初心者として新たに挑戦します。

 コストパフォーマンスに優れたCADソフト「BricsCAD」の入門用テキスト。予備知識のない初心者でもスムーズに読みこなせる難易度で、2D 作図(機能と操作)をマスターできる内容。「dwg/dxfデータ」をそのまま継承することができる高い互換性が特徴でしかも 3D (Pro以上)。2D Sketch の攻略からスタートの解説本

画像は、Amazonリンク

スポンサードリンク:
Bricscad 販売中 → b-cad.shop

最新News  2020/07/21

バージョン 20.2.09  日本語  2020/07/06


Release note は、こちらから

V19とは、別にインストールされます。V20からのアップは、そのまま上書きインストールされました。

【ライセンス方式変更】
Classic・Pro・Platinum に加えて、Mechanical・Ultimate・BIM となりました。
板金利用は、Mechanical となります。
オプションでインポート対応 (70,000円) 
Mechanical 214,500(税込)
3D-最低構成 191,500円(税込)となります。
保守無しの価格です。

板金(Seatmetal) は、わかりやすく簡単な操作が特徴です。


■ 書籍購入はこちらから: Amazonへリンク



アクティベーション方式ライセンス
 インストールは、複数台出来ます。アクティベート解除してからインストールします。アクティベーションの解除切替えは、『ヘルプ』→『BricsCADライセンス』または、『BricsCAD Communicator ライセンス』 と進み左下の『アクティベート解除』で行います。 取得側には『ライセンスキー』を入力することになります。大切に保管下さい。

  BricsCAD Communicator ダウンロードは、こちらから


環境のバックアップは、確実に…お願いします。


2020年7月6日月曜日

V20.2.09 Release

V20.2.09 Ja Release
Core の改善・改良・修正が含まれています。Release  '20/07/06
細かなバグを含みます。エラーの改善もあります。


2D利用の方は、更新なしでもいいと思います。 3D利用者は、コピペ・ドラック&ドロップ 細かな改善は期待しております。
英語と同一となっておりますので、改善は完了していると思われます。

新たな機能としては、見つけることが出来ませんでした。私は、落ちた!と言う経験がまだありません。
こんなに進化してもいいのかな?と思える進化となっています。大規模な設計には、挑戦出来ていません。 DWGの資産からの3D化には、大いに役立ちます。
すご技ユーザーには、情報を流して欲しいと願っています。・・


2020年6月19日金曜日

Bricscad購入手引き

■販売ルートの説明

現在、お試し版をメーカーサイトから DW(download)して利用し、ライセンスキーを入力すると正式版となります。 お試し版は、Mechanical 30日無料お試し出来ます。 (一部の機能を除く) 購入手続きで、メール納品。ライセンスコード を入力。コードによって、Classic・Pro・Platinum 等 機能別に認識されます。永久ライセンスが有効となります。保守契約は、年単位となります。保守のみ更新は、出来ません。

スポンサードリンク:正規販売店 → B-cad.shopへ飛びます


Solidworks から DWG変換をして Bricscadで読込んでみました。 あっと言う間に変換出来ました。当然ですが、編集も可能です。 ツリー上は、なにも表示されていません。履歴もありませんね。 最終形状を確認してもらうには、十分です。SW2017→DWG2000形式です。 この価格のツールでここまで出来れば、大成功です。

インポート・吐出しの機能を試しています。
多様な利用方法は、アイデア次第です。
価格を超えた機能の実力は、満足度が高いです。


V20 Communicator 70,000円 変換オプション
(Pro以上 オプション)

V14 Import強力なサポートとは、いきません。まだまだ浸透していません。 この価格でと思っていましたが、V14 でオプションとなっていました。

 Import は、
パラソリッド・STEP・IGES が一般的です。全て可能となっております。 読み込みダイレクトは、SW・CATIA・Pro/e・ソリッドエッジ・と豊富ですが…

Export は、
CATIAのみ… 中間ファイル形式 IGESのみとなっております。これは寂しいですね。


V14 Exportあとは、診断機能・修復の度合いを調査する必要もありますね。 データを受け渡すときのテーマとしてこの問題がありますし、Assy 対応時の構成は、なかなか難しい問題があります。

3Dに関しては、パラソリッドデータを受領して、2Dバラシの作業をSWで行ってきました。 材質の指定を画像データにマーキングしてもらいます。 そのくらいで、バラシ作業は出来ます。

モデリングのしやすさに関しては、直感的でクワッドカーソルの威力は、凄いと思います。 3D →2D の図面変換は、レイアウトの配置・図枠・BOM など作業を進めないといけません。

今後に、期待を寄せています。

※~





2020年1月23日木曜日

V20.1.08 Ja Release

Core の改善から改良・修正が含まれています。Release  '20/07/06
細かなバグを含みます。エラーの改善もありますので、更新をお薦めします。インストールは、上書きされます。再起動時に・・
 インストール最後付近で、上書きを指示します。【継承】で完了。
再起動時の確認。

これで、完了します。





全言語が 20.1.08 となっていますので、しばらく安心して利用出来ます。 CAD でのバグは時間をロスします。

レベジョン 74241

Communicator のアップはありません。
ショートカットアイコンをデスクトップに追加を忘れずにチェックして下さい。

・ご安全に・・は、働く男の合い言葉でしたね。 3Dの検証は、まだ先に進んでいませんが、チュートリアルを眺めて勉強するのもいいですが・・英語なのですよ・・
メカ関係利用者の強者が、アップしてくれるといいですね。



https://www.b-cad.shop

← 購入は、画像クリック

2020年1月15日水曜日

価格以上か?それとも・・

Classic ¥75,900- (税込)


 低価格は、10万以下!
発売当初の価格は、5万円超で当時の価格でA-Cad の 1/5 を売りにしていました。 Ver UP の度に少々上昇。 致し方ない現実。
それにしても安いと思います。機能と比較しても・・そんな・・と言う片もいらっしゃるかもしれません。全て A-Cad を上回っているわけどもなく・・所詮舶来物・・と言わせないのは、3D 機能の上位 Ver に触れてからです。



 起動のサクサク感も手伝ってか、意外なことに気づきます。 3D-CADは、時間がかかると言われます。スケッチして・・Modeling。Bricscad の場合は、2Dデータの利用でこの手間が省けます。完全拘束が原則の他のCAD と比べると導入も簡単です。2D → 3D化は優位です・・(^_^;)

 ただし、中間ファイルからの読み込みには、Communicator ¥77,000- 別途オプションとなります。

Assy 機能まで有効にして 3D-CAD となると
¥291,500-(税込) となりこれまた、安いか? と聞かれると・・問題はあります。ハイエンドに比べると安いが・・頭脳シリーズ(3D)でも 80万ですので更に安くは、感じませんか?



https://www.b-cad.shop

← 購入は、画像クリック