2020年1月15日水曜日

価格以上か?それとも・・

Classic ¥75,900- (税込)


 低価格は、10万以下!
発売当初の価格は、5万円超で当時の価格でA-Cad の 1/5 を売りにしていました。 Ver UP の度に少々上昇。 致し方ない現実。
それにしても安いと思います。機能と比較しても・・そんな・・と言う片もいらっしゃるかもしれません。全て A-Cad を上回っているわけどもなく・・所詮舶来物・・と言わせないのは、3D 機能の上位 Ver に触れてからです。



 起動のサクサク感も手伝ってか、意外なことに気づきます。 3D-CADは、時間がかかると言われます。スケッチして・・Modeling。Bricscad の場合は、2Dデータの利用でこの手間が省けます。完全拘束が原則の他のCAD と比べると導入も簡単です。2D → 3D化は優位です・・(^_^;)

 ただし、中間ファイルからの読み込みには、Communicator ¥77,000- 別途オプションとなります。

Assy 機能まで有効にして 3D-CAD となると
¥291,500-(税込) となりこれまた、安いか? と聞かれると・・問題はあります。ハイエンドに比べると安いが・・頭脳シリーズ(3D)でも 80万ですので更に安くは、感じませんか?



https://www.b-cad.shop

← 購入は、画像クリック

2020年1月4日土曜日

Bricscad 最初の一歩その前に!

インターフェースとショートカット

 ここから参ります。
まずは、CADによって異なる名称をおさらいしないといけません。ここを通過しないとヘルプもよく分りません。メニューバー・コマンドバー・切替えツールとなります。 新たに書き換えました。【F1】Help ~【F12】 使いそうなCtrl との組合わせ。結構面倒でしたが、まずは、ここを通過しましょう。



 よく聞く『Bricscadは、使えるの?』と聞かれます。そこそこ・・と答えています。使い込んではいませんので・・(^_^;)
強者は、どの業界にもおります。面倒な印刷機能・PDF出力強化など進化の部分は見えます。舶来CAD(黒船)ですので、英語コマンドは、英語ですから・・ 意味合いは、よく分りません。CAD を初めて触れる人は、名称から入らないととなります。A-CAD を利用してダイレクトコマンドで利用している人にとっては、アイコンの見栄えになれるだけでサクサクと利用していると思います。一部、A-CAD で利用出来ていた自作コマンドのエラー報告もあるようです。

https://www.b-cad.shop

← 購入は、画像クリック

2019年12月26日木曜日

データフォルダは、大アイコン

 Xmasが終わると・・もう幾つ寝ると、・・ 早いものです。

 データのフォルダですが【 一覧 】を利用している方も多いと思います。Bricscad のデータを探すとき、【 大アイコン 】すると、書かれた形状で探すときに便利です。

目からうろこ・・背景が白で見づらい・・ですけれど・・ロゴが大きくて邪魔ですけど・・文句は、ありますけど・・

知っていたら・・ごめんなさい! (^_^;)  41-O-十-4-O ……

2019年12月18日水曜日

Win7 さようなら・・

Win7 終了 2020/01/14
上記リンクは、本家に飛びます。

ついに来ました! 現時点では、無償アップが可能です。Win8.1・Win7 が対象です。難しくはないですが・・時間は膨大にかかります。 合間を見てと言うわけには行きません。 就寝前に初めても朝には終わっていませんでした。 更新前に、Win7 アップデートを最新にまでしておいた方が良いと思って・・こちらも時間との闘いです。メーカーサイトから BIOS 情報・ドライバー情報を入手して・・ Win10用のパッチの有無・対象PCになっていない場合もあります。 Win10到達までには、再起動を何度も繰り返します。
音が出ない!不具合も寄せられていました。 何より ワークグループが使えません! と怒られました。Win7で接続できていたPC同士は、簡単に繋がりますが・・
困ったことに、パスワードが違うと怒られ悩みはドツボにはまってドッピンシャン!
難解ですね。慣れ親しんだコントロールパネルにたどりついて、一安心。





数台ある PC 間で接続しておりますが、ログインPassword は利用していないことに気づくまで・・ 何度も失敗を繰り返していました。 片側から見えて、反対から見えない。下位フォルダには、アクセス出来るのですが、ネットワークPC を触ると怒られます。一度繋がると、認識してくれますが・・ なぜ-なぜ?  pingは、? OK サイトを探して格闘を続けたので、メモを残します。
ファイル名を指定して・・→ secpol.msc 】ローカルセキュリティ

上記の画像は、ローカルアカウントのからのパスワード使用を・・【無効
そうすることで繋がります。 めでたしめでたし  (^_^;)
【Memo】-------------------------------------------------------------------------------
A-CAD コマンド一覧表を見つけました。2019版 (pdf)
2019 手引き書 dw (pdf)

Bricscad-  WebShop b-cad.shop へは、こちらから


2019年12月12日木曜日

Version 20.1.04


日本語

リリースは、2019/10.28 Release
ライセンス体系は・・
1.Classic ~ 2D作図
2.Pro      ~ 3Dモデリング
3.Platinum  ~ 3Dモデリング+Assy
4.Mechanical ~ Platinum+Seatmetal
5.Ulitimate  ~Mechanical+BIM+Seatmetal
6.BIM       ~ 建築
7.Communicator ~ Pro以上Option データコンバーター という構成です。
低機能 Ver を除き、価格も上昇! 最高峰+コンバーターの合計は、¥325,600-(税込)
となりました。2Dの強化と言うよりも3Dの強化が多い Ver UP 内容となっています。
ブロック化・ マルチ引出線・マルチテキスト・印刷パフォーマンス等の改善・修正が盛り込まれています。客先のシステムの影響で未だに V14・V15 を利用している人も多いと聞きます。2D 利用者には、あまり興味が持てないかもしれません。

れれ・・
V18から利用が少なくなっていたので、起動してびっくり!
ダークモードですか?
目に優しいかも・・慣れたらこちらが好きになりそうです。
左画像は、起動時のパネルです。 フリーの シェィプが利用出来るようになっています。(Ultimate 試用版) 最近使用:の・・ システムが残るようです。サクサク動くが売り! 古い Note-PC も Win7 → Win10 にアップしましたので、こちらでも試して見たいですね。
アイコンも・・
グラデが効いた見やすいアイコンになっていました。毎日使うCADですので、この辺はうれしいと思います。普段は、3D・2Dとも利用は多いのですが、コマンド体系の違いには慣れも必要で、要素を選択して、どうしたい? と聞かれるタイプとなにをしたいの、どこを・・とでは、勝手が違います。 その昔・・2000年頃 Pro-e と言う3D-CAD の頃は、メニュー構成が深すぎて難解で・・どうする!までたどり着くのは大変で、利用者も少ない状況でした。
しかも・・5~600万円と高価でした。 30万円+α で利用出来るなど誰が予想できたのでしょう。

■Shape V20.1.04 ---------------------------------------------------------------------
ついに登場 日本語 完全フリー版  ReleaseNote

BIM 簡易版的な感覚に見えます。アイデアを形に・・簡単ですが正確な形状にするにはそれなりの知識も必要ですね。ビデオを見ていると柱芯で簡単に造形出来るのはなんとも驚きです。触ってみましょう (^_^;)